「スポーツ/レジャー用品安全保管」

長持ちさせたいアイテムだからこそ「Day倉庫」で大切にお預かります!

サーフボード、スキー、スノーボード、キャンプ用品などの保管・収納は、湿度や温度の管理に気を配る必要があります。 シーズンオフの長期保管については、空調完備のDay倉庫におまかせください。

また、Day倉庫ではオプションで梱包サービスも行っておりますので、荷物の大小にかかわらずご相談ください。

Day倉庫をご利用する前のチェックポイント!

サーフボードのお手入れ方法

サーフボードはとてもデリケートです。
波乗りの後はしっかりとお手入れをすることが大切です。
まず、必ず真水で水洗いしてください。サーフボードは海水で酸化し、変色するなど劣化の原因になりますから、しっかりと海水を落としましょう。また、お湯やぬるま湯で洗うのは絶対に禁物です!
長期保管の前には、フィンも取り外して丁寧に洗いましょう。
洗い終わったら、ボードを傷つけないように柔らかいタオルでやさしくふき取ってください。

サーフボードは、高温の場所や直射日光のあたる場所に放置しておくと劣化の原因になります。ボードケースにしまって、湿度と温度の低い場所で大切に保管しましょう。

スキー、スノーボードのお手入れ方法

スキーやスノーボードはお手入れもきちんと行うことで長持ちします。
また、春のスキー場では、見た目以上に汚れが付着しています。
花粉、黄砂、土や砂ぼこりなどがこびりついていますから、とくに要注意です。

板をふき取り、板についている水気をとります。
そしてブラシをかけ、簡易ワックスを滑走面とエッジに塗ります。
大事なのは、滑走面、エッジを酸化させないこと。 ビンディングに埃がたまらないことです。

夏場、置いておく場所もスキーは水気、温度変化や紫外線を嫌います。湿度が低く、直射日光のあたらない場所で保管しましょう。

キャンプ用品、アウトドア用品のお手入れ方法

キャンプ、アウトドア用品の大敵は「湿気」と「汚れ」。
簡単にお手入れするだけで、トラブルの大部分を避けることができます。特に、高温多湿の日本では、どうしても用具に湿気がまとわりついてしまいます。また、室内の保管場所にも湿気がこもりやすいので、現場で湿気を取り除いてきても、保管しているときに湿気を帯びることも多いです。
それぞれの用具ごとに適切に汚れを落とし、晴れた日にきちんと乾かし、直射日光を避け、湿度の低い場所で保管することが必要ですね。

さらに、こんな使い方も!

手ぶらでスポーツ

用具一式をDay倉庫に預けておけば、練習日や試合日に、会場までお届けします!

手ぶらでキャンプ

キャンプ/アウトドア用品一式をDay倉庫に預けておけば、当日、現地までお届けします!

「Day倉庫」は屋外やコンテナなど倉庫外での保管は一切いたしません! 温度・湿度の徹底管理!良好な状態で大切にお預かりいたします。

  • 大型空調機完備
  • 温度30度以下
  • 湿度50%以下
  • 1日単位の
    日割り計算
  • 短縮・延長も
    1日単位でOK
  • 1個でも集荷
    配送(首都圏)
  • いつでも預け入れ
    引き出し申込みOK

Day倉庫はアイテムごとの価格設定

カンタン!便利な「Day倉庫」料金シミュレーションでお見積もり&お問い合わせできます!

料金シミュレーション

「Day倉庫」の保管料は 1個1日11円から。日割計算でおトクです!

テレビCMイメージ

テレビCM放映中

ただいまDay倉庫のテレビCMが放映されています。

Day倉庫 収活応援宣言